top of page

第9回複言語・複文化​WS開催のお知らせ「運営者向け複言語・複文化WS 自分の居住地で、グループで、教室で「複言語・複文化WS」を開いてみませんか!」(202208-10WS09運営者向け)

第9回複言語・複文化ワークショップ<運営者向けワークショップ>


自分の居住地で、グループで、教室で

「複言語・複文化ワークショップ」を開いてみませんか!



今回は 8月21日(日)、9月4日(日)、9月25日(日)、10月9日(日)の4回連続開催です。


 2011年に始まった「複言語・複文化ワークショップ」の第9弾です。

 これまで開催してきた複数の言語と文化で育つ子どもの現実を理解するための「複言語・複文化ワークショップ(※1)」は、親や教師が、自身に埋め込まれている単一言語・単一文化的な価値観をあぶりだし、自分がすでに複言語・複文化を生きていることを自覚することから始めます。そして、複数の言語と文化で育つ子どもに自分の現実を語ってもらうためのワークショップへと展開します。そのために3つのツール(※2)を開発してきました。


 今回の「運営者向け複言語・複文化ワークショップ」は、複数の言語と文化で生きる子どもたちのための活動をしている方向けのワークショップです。このワークショップでは、参加者にこの3つのツールすべてを体験していただき、最後に自分が実施したい対象者向けにこれらのツールを活用したワークショップの方法を検討します。このため、4日間すべてにご参加いただきます。「複言語・複文化ワークショップ」を開いてみたい方ならどなたでも歓迎です!みなさまのご参加をお待ちしております。

日時

2022年8月21日(日)、9月4日(日)、9月25日(日)、10月9日(日)全4回

各回とも 14:00~16:30(タイ時間 GMT+7)

※ お住まいの地域の時間は、こちら からご確認ください。

会場

オンライン(Zoom)

定員

25名程度(4回すべて参加できる方

対象

  • 複数の言語と文化で生きる子どもたちのための活動をしている方

  • 「複言語・複文化ワークショップ」を開いてみたい方

参加費

400バーツ

支払方法

銀行振込(タイ国内のみ)、PayPal、クレジットカード

申込締切

2022年7月31日(日) 23:59 GMT+7 ※定員になり次第締切

企画チーム

​舘岡洋子(早稲田大学)

三輪聖(チーム・もっとつなぐ@ドイツ)

深澤伸子(JMHERAT代表)

JMHERAT運営委員

主催

タイにおける母語・継承語としての日本語教育研究会 (JMHERAT)

共催

タイ国日本人会

協賛

トレイルインターナショナル校

後援

国際交流基金バンコク日本文化センター

協力

タイ国日本語教育研究会

問合せ

タイにおける母語・継承語としての日本語教育研究会(JMHERAT)事務局

jmherat@gmail.com


ワークショップへのお申込み方法


下のお申込みボタンをクリックして、申込フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。

参加費のお支払い方法については、申込フォーム内をご確認ください。



※1 これまでの「複言語・複文化ワークショップ」については、こちらをご覧ください。

※2 ワークショップで使う3つのツールについては、こちらで紹介しています。

 






Kommentarer


bottom of page